会社がブラック化した。

新型コロナウイルスの影響で、ブラック化してしまった。
ただ忙しくなっただけならば良かった。
このご時世、コロナの影響で廃業や休業に追い込まれている人はたくさんいるわけだから、仕事があるだけ幸せだった。
しかし、私の職場は忙しくなっただけでなく、離職者が続出した。
元々人手不足だったところに仕事量が増え、職場全体の雰囲気がピリピリしだした。
コロナ禍になる前は、どちらかと言うとゆるゆるっとした職場だったのに、あっという間にブラック企業と化した。

それでもなんとか頑張るつもりでいた。
仲のいい同僚や、優しい先輩方もいたし、みんなで乗り越えていこうという雰囲気がそのときはまだあったからだ。
だが、私と親しくしてくださっていた先輩方が退職されて、一気に「みんなで頑張る」ムードが霧散してしまい、お互いがお互いへの不満を裏でぶちまける人が増えた。
それで「あ、もう無理だな」と思ってしまった。
それで、私も退職届を出した。

仕事は嫌いでなかったし、仲のいい同僚もまだ職場にいたが、限界だった。
仲の良かった人達が、お互いに罵り合っている状況に耐え切れなかったし、その上人がどんどん辞めるため、私自身の仕事も倍増し、精神的に参ってしまった。
仕事を辞める前、毎日朝を迎えると「会社に行きたくないなあ」「早く辞めたいなあ」と呟くようにまでなっていた。
軽く病み始めていたんだと思う。
それが自分に対して向けられたものでなくても、人の悪口を聞くのって、自分が思っているよりも体力と精神力を吸い取られてしまうものなんだなあと気づいた。

仕事を辞めた今、あんなに毎日思い詰めていたのに心は穏やかになった。
ありがたいことに転職先は決まっているので、今は初出勤日までのんびり過ごす時間を送っている。
働いていたときは忙しくて読めなかった本を読んだり、前からやりたいなあと思っていた趣味を始めてみたりしている。

次に働く会社では、穏やかに働けたらいいなあと思う。
職場の人と仲良くしたいとかは思っていないけど、できれば人の悪口や会社への愚痴が飛び交う場所ではないといい。
自分が好きで働いていた場所が、ブラック化してしまったのは本当に辛かったから。