学校でする遊びを家の中で

「学校する遊びを家の中で」と言う題名を付けたこと、皆さんはどんなことを思い出し、それがどんな遊びかわかりますでしょうか。私達40代世帯はすぐ思い出すのではありませんか。そうあの遊びです。
私が、覚えていることを書き出してみたいと思います。

①「ハンカチ落とし」
用意すること物はハンカチ1枚だけ。皆が顔を見られるように丸になります。一人が鬼になり鬼は丸の外側を歩きます。そして、ハンカチを誰でもいいので置きます。置いた人がすぐ気づき鬼があなたの席についていたら鬼がかちで、ハンカチを持っている人が負けだから、次の鬼になります。また、鬼を追いかけてるときに鬼にタッチしたら、又その人が鬼になります。さらに、鬼がハンカチを置いたのに気づいてないし鬼が一周したらあなたが鬼になります。

②「フルーツバスケット」
このゲームで用意するものは椅子です。椅子を人数分-一人分を抜いた数を揃えてください。(例:10人いたら9個の椅子を揃える)そして、一人一人にフルーツのなまえをきめます(例:メロン・リンゴ・イチゴなど)
フルーツの名前を言ったらそのフルーツだけ動き、動いてる間に鬼が座れれば、すわれない人が新たな鬼です。フルーツバスケットと言えば全員が動き、最後に立っている人が鬼です。

③「椅子取りゲーム」
これも椅子を使った遊びです。フルーツバスケットとちょっと似ていますが、人数分-一人分の数を揃え、椅子を丸にして音楽に合わせて歩きます。音楽が止まったら椅子に座ります。座れなかった人が負けとなります。2回戦3回戦ごとに椅子を一個外していき、最後まで吸われたのが勝ちとなります。

④「てあそび」
手遊びとは、色んな事ができますとね。ずいずいずっころばしやアルプス一万尺・腕相撲・指相撲もあります。また、お題を決めジェスチャーで答えを当てていくゲームもあります。

皆さんどうでしょうか。これは昔から続いている遊びです。思い出した人もいるかなぁ。これを家の中で家族一緒に楽しむことができます。
学校とは違い、人数分が少ないと思いますが自分達で工夫して遊んでもいいのかもしれませんね。

場所は、なるべく広い部屋がいいでしょう。例えば、リビングはどうでしょう。もしかしたら、テーブルや椅子、ソファーがあると思います。ちょっと端っこによけて広い空間を作ってください。空間ができたら遊び初めってください。
もし、すぐ終わってしまったら、家族全員で話し合い、新しいルールを出し合い、そのルールで遊び、楽しくと思えること出し合い、ゲームを進めていけばいいのではないかと思います。

費用としては、一切かかりません。すべてのものが家にあるものです。あとは、皆の知恵(考え)だけです。その考えが、楽しいゲームに発展することでしょうね。

さあ皆さん、今からすぐ始められます。家族で楽しんでください。そして、面白いルールがあれば教えてください。