感動の味。水出しコーヒー

苦味が苦手だった学生時代に、「氷の入った冷たいコーヒーって美味しいけど、苦味が苦手だなあ~。コーヒーの豆を変えれば、香りや味が変わって美味しいけど温かいコーヒーを冷たくしたのとは違うコーヒーってないのかなあ?」と思ったことがあります。

思いが実現したのは、今から5年前に中野ブロードウェイに遊びに行ったときでした。
中野ブロードウェイというと、オタクカルチャーの聖地と言われる秋葉原を一つのビルの中に凝縮したような所で、フィギュアやアニメ、コスプレや同人誌といった、オタクカルチャー好きな人が喜ぶ、ときには掘り出し物もゲットすることもあります。

そんな中野ブロードウェイのビルの2階にある喫茶店に初めて立ち寄ったとき、その思いを叶えたコーヒーに出会ったのでした。
その喫茶店の名は、「さかこし珈琲店」カウンターに座ったとき、目の前に大きい、からくりの機械のようなものが設置されていたのでした。真ん中には、三角のガラスビンのようなものがあった。メニューにあった「水出しコーヒー」という見慣れないコーヒーをケーキと一緒に注文。飲んでみると、とても口当たりがまろやか、苦味がほとんどなく、甘い味で、あっさりとしていて香りも、ホットコーヒーともアイスコーヒーとも違う香りがしました。水出しコーヒーの名前のとおり、冷たいコーヒーでこれまた、ケーキともよく合いました。「ああ、なんて美味しいコーヒーなんだろう。今まで飲んだことがない」と、とても感動したのを覚えています。「そうか!!このコーヒーこそが、あのとき思っていたことを叶えてくれたコーヒーだったのだ!!」と、気づいたのでした。

女性の店員さんに「あの機械、何に使うのですか?」と聞いたら、「今、お客さんが召し上がっているコーヒーを作るときに使うのですよ」と返答してくれました。
その詳細を聞いたところ、この水出しコーヒーを美味しく作るには、あの大きな機械を使って毎分一滴という遅さで一滴、一滴、ゆっくり点滴のように水を垂らしながら自然にコーヒーがビンの中に溜まっていくのを待つのだそうで、出来上がるのに8~9時間、一日に20杯くらいしか作れないのだそうです。「そんな時間のかかるコーヒーなのか、なんと貴重な…」と、開いた口がふさがらなかった私。「でも、苦味がほぼなくて甘いでしょ?甘いのは豆本来の甘みなのよ。ドリップで入れたホットコーヒーとか、粉を入れて水で作ったアイスコーヒーとは違うでしょ?」と、ニッコリ笑う店員さん。まさにそのとおりで、コーヒーとして今まで味わったことのない、一級品の味がしたのでした。
 また行く機会を作って、もう一度、あの感動を味わいたいと思います。